So-net無料ブログ作成

あれから一年経過 [健康]

去年の人間ドックから一年経過
今年も又聖路加病院の人間ドックを受けに行ってきました

去年子宮癌が見つかったのは子宮がん検診ではなく
腹部エコー検査でした(もやもやしたものが映りますね、、、からすべては始まりました)

今年は子宮は取って残ってないので子宮がん検診そのものは無くて
腹部エコーを受けました

腹部エコ―に約20分程かかったので
又なにか見つかるのではないかと心配しましたが

例年通り胆のうにポリープと石がありますね 程度の事だったので

ちょっとだけ安心

胃の内視鏡検査も去年とさほど変化がありませんねと言われた
けれど、もともとあるバレット食道そのものは癌になりやすいものなので経過はちゃんと見ないと
いけないと言われた

今年は無事だったみたい



健康診断、今は結構各自治体で無料で受けられるようになってきましたね
病気は見つかったら治さなくちゃいけないし、
数値が良くなかったらそれは対策をしっかりたてなくてはね

いずれにしても、
一年に一度はきちんと検査を受けないとね!






親知らず抜歯後日談 [健康]

親知らずを抜歯したのが10月15日
その時3か所縫いました
その抜糸が27日でした

3か所の糸の結び目を切って抜くのですが

「抜けましたが、一か所糸が歯肉の中に残っちゃいました」
「でも、大丈夫です。 身体にとっては異物なので抜けてきますから」
「無理して抜くと歯肉を傷つけて却ってよくないのでこのままにしておきます」

黙って聞いてりゃ、自分の不手際を棚にあげ、勝手な事を色々いうなあ!!

その数日後 糸が一ミリほど出てきました
舌先でさわるとチクチクして気になる

さらに数日後3ミリほどになって

昨日は10ミリ程

10ミリっていうと結構長いんですよ

そして今日は2センチ程になってきました

2センチにもなると気になって仕方ありません

医者は指で触ると黴菌がはいるから触らないようにというけど

触ってみたい衝動に駆られる

でも触れない

イライラがつのるのですが、

夕食後林先生の京都の番組をみながら
舌先で触っていたら

あら、ふいに抜けてきたのです
P1140152 (1280x960).jpg

意外と長かった
2センチ5ミリ位

こんな小さなものでも
イライラするものですね

今度はおいわさんになりました [健康]

月曜日の親知らず抜歯のあと
瘤取りばあさんになったYOUR-MOMですが、
今はおいわさん状態

つまり
青あざが顔にでき始めたのです

顔全体ではないので

ファンデーションでなんとかごまかせますが

やはり青あざはいかんでしょ

医者が45分も奮闘し
「僕はこの歯一本抜くのに今日の午後のエネルギーは使い果たしました」
といったくらい格闘技にちかかったので

その影響で出血量が多く
その血の行き場がなく顎のほうまで降りてくるというのは
よくあるらしく

まあ、しょうがないといえばしょうがないのですが

痛みが無いのが救い

夜 遠方にいる夫にメールしたら

もうじきハロウイーンだろ
と返事が来た



瘤取りばあさんになったよ [健康]

笑ってしまいました

タイトルに瘤取りといれたつもりが
誤変換で小太りになって、、、そのまま使ってもまちがいじゃないところが嫌

さて、昨日抜歯した親知らず、

夜には出血も止まり

やれやれと就寝したのですが、
夜中に突然の鼻血

そして起床して鏡をみて驚いた

これ、私じゃない!
何!このほっぺ!

瘤取りばあさんじゃん!

腫れるときいてたけど、
こんなに腫れるのかあ

今朝の再検査で 
お風呂はシャワーにして下さいと言われる

え?聞いてないよ 昨日入っちゃったよ

お風呂入ると腫れるのでっシャワーにしてください だと

早く言ってよ!

不機嫌な私です

親知らず抜歯の巻 [健康]

子宮癌の手術の前から親知らずが痛み
手術の前にするか後にするか迷った結果
後にすることになった

その親知らず抜歯を

今日してきました

まず、局所麻酔をして
歯茎を切開して

親知らずを抜こうとするのだけれど
「うんともすんともいわない、ビクともしないよ」
と医者は45分奮闘

やっと抜けた歯が

これ
P1140032 (800x600).jpg

抜いて2時間半経過
痛くなってきた
明日又検査だ

早く痛みが無くなって欲しい

中々わかない食欲 [健康]

食欲の秋というけれど、
手術の後、あまり食欲が湧きません  

もう一か月半経過したというのに、、、

消化器系の病気でもないのに
どうしてかしら?

と思いましたが、

色々調べたら

子宮や卵巣を取り除いた空間を埋めるように

臓器が居場所を落ち着かせるために移動するために

お腹の中で様々な変化があるのだそうです

子宮癌のあと胃癌になっちゃったかしらと思いましたが

そんなことは無いみたい

でも、食べ物がおいしくかんじられないというのは
悲しいです

一人の癌患者として [健康]

がん治療薬オブジーボの開発のきっかけになる免疫細胞の研究をしてきた京都大学の本庶特別教授が
今年のノーベル賞を受賞することになりました

私の癌はオブジーボのような高額な薬を使う必要はありませんでしたが
それでも幅広い癌の治療につながる研究を続けている研究者が日本にいることが
とても誇らしいし、癌患者にとってこれほど明るいニュースはないと思います



治療費5000万円というのは [健康]

日本のように健康保険制度が充実している国でも
この治療費は制度そのものを破たんさせかねないと思う記事が今朝の日経にのっていました

近年の高度医療の発達により
昔は治らないような病気も治るようになりました

白血病一回5000万円
「キムリア」という薬は一回投与ですむらしいけれど
自己負担ひと月60万円
残りの負担は健康保険が負担する

健康保険の負担が大きくなりすぎ保険料引き上げをせざるを得ない状況になる

イギリスはリンパ腫治療の「イエスカルタ」という薬の使用を公的医療から外すと決めたらしい

日本はどう判断するのだろう

これから増々高度医療が進む中
ギリギリの選択をせまられるのは個人だけでなく国家も同様なのかもしれない




手術後ちょうど一か月経過 [健康]

今日でちょうど一か月
あっという間です ひと月なんて
あっという間と感じるのは 
それだけ順調に推移しているということかしら?

帰宅したばかりのころは
ほぼ一日寝ていたけど
この頃は横になることは殆どなくなり

普通に生活している

普通というのは
朝洗濯をして
朝ごはんを用意して
掃除をして、、、、、エトセトラ

そして一日が無事終わるという

そういう普通の生活です

普通が一番
そして普通を維持することが一番大変

病気になってそう感じている


庭の植物は普段通りだけど

P1140007 (800x600).jpg
金木星は香りをはなっている
P1140009 (800x600).jpg

快気祝いについて思う事 [健康]

ほぼ日常生活を送れるようになり
痛みも無く 苦痛も無くなり

これは日本の習慣で快気祝いをお見舞いを頂戴した方々にお届けしなくてはと
色々考えておりました

ネットをググると無くなるものがいいとか、洗い流せるものがいいとか
兎に角消耗品が良いと書いてあります

今治ったよということで今治のタオルも良いらしいとか

とても頭を悩ませました

結局頂く方々のお好みに合わせて、
あれやら、これやら、と品物を変えました

それだけでも物凄く疲れてしまい

快気祝いも面倒なものだと思った次第です