So-net無料ブログ作成
検索選択
住まい ブログトップ

光熱費 高! [住まい]

雪が積もったせいだけでなく、この冬はかなり寒いと感じます。
特に真冬でも素足で平気だった頃の若さはとうに失い
夫婦二人でまもなく130歳になる時期になると

兎に角寒がりになるのです

原子力発電が全面ストップの中、節電に努めるように言われるけれど
寒いものは寒いのです

そして毎月届けられる
電気料金明細書

今月はとんでもないことになっておりました
赤ちゃんの為の居室はに室温25度を保つように言われていた5年前の
お産で娘が来ていた時よりも
高いのです

IMG_9157 (1280x853) (640x427).jpg



春はまだかしら?
nice!(7)  コメント(6) 

劇的 ビフォーアフター [住まい]

ザッピングしているときに ?! とふと目をこらして見ちゃう番組に家のリフォームの企画物がありますが、
あれは、兎に角驚きますね。

見たからと言って、すぐ自分の家のリフォームにそのアイデアが取り入れられるかというと、なかなかそうは
問屋が下ろさないのですが、それでも、「ふ~んなるほど、畳の下も収納にできるのかあ」とか、いつかは
そのアイデアを使ってみようというものも数多くありますね。

リフォームというのは施主の希望と、建築士のふんだんなアイデアと叡智、それに施工を担当する大工さんと
の気持ちが一つになって初めて素敵に完成するものなのでしょうが、そこに時折「壁」という障害が登場します。
この壁をどう乗り越えるかというのも番組の一つの見所なんです。

出来上がった、すっかり生まれ変わった家を見に来る家族の歓声と感謝の言葉に建築士も大工もそれまでの
疲れがすっかり吹き飛んでしまうのですが、やはりその瞬間、それからその先の長きに亘って施主さんが
素敵に暮らせることというのがリフォームを生業にしている者のやりがいにつながるのであろうなと思うのです。

翻って、政権交代が現実となった日本の政治。
劇的 ビフォー アフターと なるでしょうか?

数々の壁を乗り越え、施主の希望を叶え、ふんだんなアイデアと叡智を結集して 官僚に激を飛ばし
頑張って欲しいものです。
nice!(15)  コメント(18) 

家電の寿命って、、、。 [住まい]

久しぶりです。 まあまあの回復状態でしょうか?
風邪の後、いつもこの気管支炎のような咳が残ります。 体質でしょうか。 ゴホン。

さて、風邪をひどくして寝ている間に電気屋さんを呼ばなくてはいけない事態になりました。

何が起こったかというと、ウォッシュレットが一階、二階ともに壊れてしまったのです。
一つだけでも動いてくれると何とかしのげるのですが、2つともとなるともう電気屋さんです。
修理とも思いましたが、築14年目の家ですから、ウォッシュレットも14年目。 そろそろ取替え時
ですね。 もちろん、量販店で買えば、40%オフもあるのですが、こちらは体調今いち。 いざというときのご近所の電気屋さんです。
早速その日の夕方に来てくれることになりました。

そこからが問題です。
何が問題かというと、電気屋さんがトイレに入るのですから、当然普段の手入れの良し悪しが
ばれるわけです。

普段の使用には差し障りはないものの、トイレは意外と汚れが落ちにくく、落ちにくい汚れを
放っておくとさらにひどくなります。 おまけに年末の大掃除以来おざなりな掃除しかしていませんから、恥ずかしくなってしまいました。 

ここで私のお掃除魂がエンジン全開してしまいました。(後が心配)
男に人にはわからないかも知れませんが、普段トイレの掃除の担当をしている多くの主婦の方なら
実感していただけると思う、トイレの見えない部分とのバトルがこれから約30分程あったのです。
お掃除評論家のM井さんよろしく、頭をつっこむほどの勢いで、こすりました。 
不思議と咳は出ませんでしたが、体がもあっと熱くなってきました。

夕方、電気屋さんが(いつも息子さんとお父さんの二人組)予定より30分ほど遅れて到着。
1時間ほどの作業で、取り付け完了。
(この間デニスは殆ど、ワンワンワン状態なので仕方ないので抱っこです。)

いや~、トイレすっきりです。 今までの両サイドのおおきなタンクが無いんですから、
これで、床掃除も楽になるかしら。
今時のウォッシュレットはコンパクトですね~。 
この数年チョロチョロしか出なかった水も勢い良く出るし、便座は即熱式で、省エネだし。
センサーが感知してから便座を暖めるので、勢い良くトイレに飛び込んで座るとちょっと冷たい
という難を除けば、満足かな。

それにしても、去年はオーブンレンジが壊れたし、一昨年は湯沸かし器が壊れたし、その前は
シーリングライトが、、、と10年過ぎる辺りから、家電は壊れますね。 やれやれ。
 
頑張りすぎたかな、 今日は頭痛だわ。


nice!(12)  コメント(22) 

リフォーム [住まい]

昨日、友達の家を訪問しました。
つい最近リフォームしたばかり。
外から拝見しただけではほとんど変化はないのですが、、、。
2人の可愛いお孫さんの熱い歓迎をうけつつ中にはいると、、、
そこは私の記憶にある彼女の家とはまったく異なる素敵な空間が
広がり、町田の骨董家具屋の明治時代の水屋箪笥や、海外での生活で集めた
西洋骨董もなんの違和感も無く釣り合いがとれ、無垢板の床からの心地よい香りの中、全体が
白木の障子にふんわりと包まれていました。
キッチンからの眺めも一部屋向こうの外の景色が見えるし

こんなに家って変れるんだあ!というのが感想。

設計を担当されたのはKさんという建築家の方で、その方の連載コラムのなかに
「シンプルに清々と暮らせる、時代と調和した美しい家をつくりたいと思う。
そして日本古来の伝統とモダニズムが融合することを夢見ている。」と書いてありました。
まさにその通りのリフォームだったなあ、と思いました。
うらやましい!!

3時のお茶の時間だったこともあり、友人が美味しいお茶を入れてくれました。
私が持参した、栗の渋皮煮にハーゲンダッツのアイスを添えて。 美味しい食べ方でした。
これもお菓子のリフォーム?  食事も生き方も一工夫が大切ですね。

ご参考までにKさんお勧めの町田にある骨董家具屋は
http://www.ne.jp/asahi/kottou/kofukuan/です。
友人の買い求めた家具はこれに近いものです。


住まい ブログトップ
メッセージを送る